中国市場最安5G携帯、HONOR X10 1899元(約2.8万円)

5G千元台の端末は予想より早く登場した。
HUAWEIのサブブランドであるHONORは5月20日、5G携帯電話の価格を千元台に引き下げ、市場最安の5GスマートフォンをX10を1899元という破壊的な価格にて発売した。

デュアルモード9バンド5G、統合5G SoC Kirin 820、7nm EUVプロセス、RYYB超高感度フィルターアレイ、4000万ピクセルアウトソールセンサー、22.5W超高速充電、90Hzリフレッシュレート+ 180Hzタッチサンプリングレート、6.63インチ画面、ポップアップインカメラ、側面に0.3秒ロック解除可能な指紋センサー搭載。このスペックで開始価格が5000元以上のハイエンド向けだと思われがちだが、わずか1899元。

X10の位置付けに関して、HONORのCEOである趙明は、研究開発の最初から良い目標、つまり同じギアで最も多くの技術コンテンツを凝縮した5Gベンチマークを設定したとし、これは間違いなく、現在の価格2000元以内で最も包括的な5G周波数帯域、最も強力なプロセッサパフォーマンスで市場で購入できる最も費用効果の高い端末製品と述べた。

HONORの内部関係者によると、X10の前期テストのコストのみで3億元を超えている。

文章・画像共以下より抜粋引用:
Sina財経:http://tech.sina.com.cn/roll/2020-05-21/doc-iircuyvi4246675.shtml?cref=cj

中国移動と中国広電が5Gの共同連携を発表

5月20日、中国移動は中国広電と5Gにて共同連携を発表した。

中国広電(中国広播電視網絡、China Broadcasting Network)は国内全土で有線テレビネットワークの業務を展開する企業で、2019年6月6日付けで中国移動、中国聯通と中国電信の3社と同時に中国工業情報化部より5Gの運営を承認する基礎電信業務経営許可証の発給を受けていた。

中国移動には2.6GHzと4.9GHz、中国広電は700MHzと4.9GHzの5G帯域利用権をそれぞれ有し、 今後1:1の割合で700MHzの5Gネットワークについて共同構築・共有し、コンテンツとプラットフォームにわたって連携する。共同期間は2031年12月31日まで有効となっている。

文章は以下より引用:
https://mp.weixin.qq.com/s/kTR1DWgZNKQVj-SgD4gBYg
https://mp.weixin.qq.com/s/_d_P9Ppc1yhG6v-o_WEV1Q
画像は以下より引用:
http://baijiahao.baidu.com/s?id=1667259735831326908&wfr=spider&for=pc
https://mp.weixin.qq.com/s/FQGH5qB36xoGhTpb5ocJ9Q

5G利用者数集計の「穴」

5月20日本日、中国移動は4月分の各種データを公開した。 

文字文稿1_01_副本.jpg

4月30日までの中国移動社移動ユーザーが計9.47億、前月比43.2万増となった。うち、4Gユーザーは7.54億、前月比177.2万増。5Gユーザーは
4374.5億、前月比1202.2万増となった。

以上が通信産業網によるデータ公開。

「水増し」報道は不勉強だ

純減が続く中、5Gユーザーの増加ぶりが大変凄まじく、「水増し」と報道されたこともあるが、実はここに中国ならではの事情と5Gの素晴らしい戦略がある。
中国で5Gユーザーであるか否かは端末ベースではなく、料金プランベースに集計している。つまり、4Gの端末でも5Gの料金プランを利用している人は、4Gではなく、5Gにカウントされるという仕組み。実際、先日投稿した5G携帯電話を安く買うには!!にもご紹介したように、キャリアショップでも端末コーナーでも端末と一緒に料金プランが用意されていて、料金プランの選び方によって端末の購入代が大きく上下する等の点からでも分かるように、中国では料金プラン優先となっている。

実際、中国で5G端末によるユーザー数(5G料金プランのユーザーが5000万に達し、そのうち5G端末経由で5Gネットワークに接続できたのは2000万)もSina財経ニュースにて堂々と公開しているし、本サイトでも「中国5G利用者数:2020年3月末」に引用している。

中国では端末よりも料金プラン優先

中国では昔から(第2世代携帯電話)携帯電話機は単なる端末としかとらえない風習があった。それは、携帯電話機というよりSIMカードが重要で言い換えれば携帯電話は何台もあり、都合に合わせて使いたい端末にSIMカードを差し込めばどれでも使えるからであった。緊急な場合、自分の携帯が電池切れになったりする場合は友人の携帯を借りて自分のSIMカードを差し込んで使うようなことも普通にある。女の子なら、その日のファッションやコーディネート、気分に合わせて何台も使い分けをする。携帯電話は何台もあるものだというこそが中国人の感覚。5Gとなる今も、端末に対する中国人の考え方は基本的に変わっていない。

5Gの素晴らしい戦略

5Gサービスの売り込みにどの国でも苦戦しているように見えるが、中国でも同じ状況。現在の4Gの端末を使っているユーサーでも5Gの料金プランを選べることは、ユーザーにとっても、事業者にとってもハッピーな選択肢である。
つまり、4G端末で5Gの割引料金プラン、高速通信を体験できるのがユーザーにとって実に嬉しい話。4Gの端末で5Gの高速通信を利用でき、ドラマや映画のダウンロード等が瞬時にでき、オンライン鑑賞がもっとスムーズになる。もっと早い速度で通信したい場合は高性能な5G端末への買い替えという選択肢もある。4Gと5Gの料金額がさほど変わらないなら、なおさら嬉しいところ。

事業者から見て、5Gサービスエリアの狭さが大きな課題。エリア内で5G、整備がまだできていない場所では従来の4Gに切り替えて使ってもらうことでサービスをカバーするが中国のみでなく、今の世界中の5Gサービスの現状でもある。サービス開始初期からこのような形で5Gの高速通信を体験してもらいながら、「4G端末5Gユーザー」から「5G端末5Gユーザー」への移行も時期的なものであろう。

どうしても端末ベースに考えてしまうのは、日本的な発想。

これはおそらく第2世代携帯電話で日本が独自に開発したPDC方式を採用したことが関係している。当時、SIMカードを使う2G方式の代表であるGSMがサービスが世界212ヵ国で通用していた中、日本では端末一体型でSIMカードを使われてこなかった。第3世代携帯電話以降USIMが登用されるようになったものの基本的に1人一台の端末と考えられていて、中国のようにSIMカード1枚で何台もの端末を使い分ける習慣はないのも一因と考えられる。


通信産業網:
http://www.ccidcom.com/yunying/20200520/sB6QnKJWEXEvg9vVt17hj9mbdsaa8.html

三大通信事業者が事情聴取!国有企業でも消費法を遵守せよ!

第52回の世界電信日に際して、浙江省市場監督管理局、浙江省消費者保護委員会(消保委)が共同で電信業界消費サービスの「迷惑電話が多い」、「通信料金論争が多い」などの問題について、中国電信、中国移動、中国聯通の三大事業者に事情聴取した。

浙江省消保委Wechat公式アカウントによると、電気通信産業の発展に伴い、消費者の苦情も明らかに上昇傾向にある。クレ
ームは主として以下に集中している。
1)消費者が長期にわたり関心を持っている料金定額制と迷惑電話などの問題が一向改善されていないことと、
2)5 Gなどの起用に伴うセット料金や移動通信事業者間のMNP(携帯電話番号ポータビリティー )などのトラブルの多発。

調査によると、浙江省市場監督管理局、浙江省消保委がこのほど全省範囲内にてオンライン電信消費クレームを募集した結果、1700件以上が募った。2019年1月から2020年4月まで、省市場監督管理局が通信サービス関連で通信質以外で合計8499件のクレームを受付し、中国移動は62.6%、中国電信は25%、中国聯通は12.4%。

浙江省消保委員会の崔砺金秘書長が会議で電気通信業界の問題について特に5つつの問題があると指摘した。
1)迷惑電話、
2)消費者による未確認や誘導性のあるコンテンツ情報料、
3)キャンペーン等の誇張宣伝、
4)MNPによる消費者権益、
5)覇王条約(事業者による責任逃避のための不平等な一方的な条約)へのクレーム。

浙江省市場監督管理局の徐建明局長によると、浙江省は初めての国家デジタル経済革新発展試験区であり、能力があり、良好な電気通信消費環境を作る義務があるという。三大電気通信事業者は企業の主体責任を実行し、料金管理を強化し、明細書で料金の透明度を向上させなければならない。販促行為を規範化し、消費者の知る権利を保護し、販促活動の前に消費者の権益保護活動の審査を徹底すべき。透明な情報開示で、MNPを実施すべき。消費者の選択権を保護し、MNPサービスの最後の障害をなくすべき。業界の混乱を一掃し、迷惑電話に対する管理・改善を強化し、全体のクレーム数を低減し、消費者の安心安全感を高めるべき。

「全てのクレームを解決する」ために、省市場監督管理局は各通信事業者に現存問題に対して、実際の状況と結びつけて原因分析し、積極的に対応し、5月末までに省市場監督管理局に改善案と改善進捗表を提出するとし、8月末に各キャリアのサービス向上状況を反省するとした。この間、違法案件の調査強化、価格サービスの監督強化、迷惑電話の改善強化、社会監督力の強化など4つの業務に重点を置くと命じた。

所感:

中国の通信事業者は国有企業であり、サービスに関して苦情が多く、改善がほとんど見られてこなかった点は中国人なら誰もが知っている。今回の浙江省の対策は実に「大快人心」、案を拍って快哉を叫ぶほどの大事!

浙江省といえば、杭州市。杭州市には、アリババの本社があり、中国有名なシビテックの数々送り出している聖地でもある。今回の新型コロナの対策に功を奏した健康Qコードもアリババが杭州市にて最初にリリースし、全国に広がっていた。一時中国全国で爆発的に普及したPHS、小霊通サービスも実はここから始まっていた。
今回の事情聴取会から5Gによる中国社会の新しい情報インフラの整備、消費者の立場、通信サービスの社会的平等性等がもっと配慮されるようになるだろうと、少し希望が見えてきそうな気がする。

文章・画像共以下より抜粋引用
浙江省消費者保護委員会Wechat公式アカウント:
https://mp.weixin.qq.com/s/nrfKDoetGnp_QxGu3-PCVA

ICTでSDGsに貢献可能な中国通信企業ランキングTOP20社

2030アジェンダ:ICTにて持続可能な発展を実現することが今年世界情報社会・電気通信日の主テーマ。

では、ICT企業が持続可能な発展に寄与しているかをどう評価すればよいだろうか?

将来的にICT業界のイノベーションを起こしつつ、技術力にて2030アジェンダをどう実現していけるのか?

5月17日、『通信産業報』全メディアが総力上げて「2020ICT持続可能な発展に貢献する通信企業ランキング」を発表した。

ICT企業は、5G、IoT、AIに代表されている新しいテクノロジーの台頭に伴い、新基建の重要なメンバーとして既に社会、経済、環境の持続可能な成長と発展を加速させるための主原動力になっている。

ICT企業の原動力を具体化し、ICT企業による持続可能な目標への実力を示すため、『通信産業報』が持続可能な開発目標(SDGs:17ゴール)に基づいて「企業自己深刻評価表」、例年財務表、持続可能な報告或いは企業社会的責任(CSR)報告関連の記述により評価を行い、上記の企業ランキングを発表した。

当該ランキングの評価点は以下3つからなる。
1、17ゴールのそれぞれの項目に基づき、各項目にて10点満点とし、合計170点。
2、各項目にて、該当なし(0点)、関わり有り(1〜4点)、深く関わっている(5〜8点)、リーダーが関わっている(9〜10点)の4つのランクにて評価。
3、17全項目揃った企業から、トップから20社をピックアップ。

リストにある20社は、通信事業者、通信機器、チップ、光通信、インフラサービス等多くも分野にわたり、国内外の有名な通信企業以外、各分野の主要メーカーも盛り込まれている。

このリストの評価結果によると、2020年の持続可能な開発への貢献で上位3社にランクインしているのは、China Telecom、Huawei及びヤンズ・オプティカル・ファイバー、100点を超えている。90〜100までの企業は5社、70〜90までは9社、70以下は3社となっている。20社の平均点は84.1、合格点である104から大きくかけ離れ、改善の余地が残されていることがわかった。

実際、このランキングはICT企業が社会、経済と環境への持続可能な開発に貢献する能力を数値化したのみでなく、ICT企業が将来のイノベーションを通じて、国連のSDGs目標の達成を如何に促進できるかについての参考も提供した。

文章・画像共以下より抜粋引用
通信産業網:
https://mp.weixin.qq.com/s/Vxh3u2RU_5lpQyaCxKz4Hw

2020中国携帯イノベーション第八回中国携帯デザインコンテストが本日の世界電信日より起動❣

中国携帯デザイン最高賞ーー白鳥賞が再び翔び立つ!

これまで7年、今年で8年目となる2020中国携帯イノベーション第八回中国携帯デザインコンテストが本日、第52回世界情報社会・電気通信日(World Telecommunication and Information Society Day)にて正式に起動した!

22名の審査委員による審査結果を乞うご期待!

通信産業網:https://mp.weixin.qq.com/s/dTdcjIaKPQ_0U-MM7nB7Mg

世界電気日World Telecommunication and Information Society Day

今日は世界電信日、正確には「世界情報社会・電気通信日」。

日本ITU協会によると、

国際電気通信連合(ITU)は、1968年10月に、ITUの基礎となった最初の万国電信条約が署名された日(1869年5月17日)である5月17日を「世界電気通信日」と定めました。

後に、

世界情報社会サミット・フェーズ2(2005年11月 チェニス)で5月17日を「世界情報社会の日」とすることが宣言され、その後の国連総会で採択されました。さらに、2006年11月に開催されたITU全権委員会議では、5月17日を「World Telecommunication and Information Society Day(世界情報社会・電気通信日)」とし、従来の「世界電気通信日」よりもいっそう幅広い趣旨を盛り込んで祝賀することが決議されました。
世界情報社会サミットの基本宣言等では、全世界的な情報社会の発展をうたうとともに、デジタル・ディバイドの解消を中心としたICT後発国の底上げが最重要テーマとして位置付けられています。

日本ITU協会:https://www.ituaj.jp/?page_id=159

最新5G特許保有数ランキング

通信産業網5月7日の記事によると、ドイツの知財関連スタートアップ企業のIPlytics社は「5G特許についての現状調査結果」を発表し、2020年1月1日付けでの世界各社による5G特許の保有発表件数は21571件に上ったと公表しているという。

IPLYTICS「Fact finding study on patents declared to the 5G Standard」

うち、華為(HUAWEI)は3147件でトップにあり、続いてサムスン2795件、中興(ZTE)2561件、LG2300件、ノキア2149件、エリクソンは1494件の順である。

日本勢として、sharp社が9位、NTTDocomoが10位、NECが16位にある。

情報筋によると、2019年HUAWEIが研究開発に費やした費用は1317億RMB、同年売上の15.3%を占めていた。HUAWEIはここ十年研究開発に投資した研究開発費は6000億RMB、2020年間予算では200億RMBを超える見込み。
現在HUAWEIが世界にて保有する有効特許は8万5000件、発明特許は全体の90%であり、ヨーロッパ特許局での申請件数が堂々たる1位。

文章・画像共以下より抜粋引用:
通信産業網:https://mp.weixin.qq.com/s/tfOIyeou5vXwGzZW7-Ewpw

5G携帯電話を安く買うには!!

G端末が2020年に殺到と昨日投稿したが、今日は、エンドユーザーとして5G端末をどのようにして購入しているのかについて、筆者が昨年12月北京西単付近と大悦城デパート内5階にあるキャリアショップでの聞き込み等から紹介したい。

年末に近いということもあり、デパート内は3000元消費に対して3000元をサービスするという破壊的な年末セールで大変な賑わい。
中国移動のキャリアショップは実にきらびやかでデカデカと拡大したキャンペーンチラシがあっちこっちに立ち並ぶ中、いかにも今風な洒落た店員が愛想よく声かけてくる。

彼の話によると、キャンペーンチラシで1番お勧めのHUAWEI Nova6は、この時期の華為5G端末の中で一番ローエンド向け。小売価額が3799元(約5万円)、つまりこれが定価。さらに2つもっと安い金額もあるので更に聞くと、「合約キャンペーン」とは、中国移動のVIPユーザーでこれまで毎月一定額以上消費していて、今後も同様以上の金額で継続契約してくれる利用者向けの金額、この利用者層の中で最大で2556元で購入可能。その最低消費金額はVIPユーザーしか伝えてもらえないだという(どうも私がVIPになりそうな雰囲気ではなかったことがバレたようで、教えてもらえず(*´ω`*))。

筆者:では、1243元は?1234元で買えるということ?
店員:それは、新規利用者で月198元プランを契約し、毎月200元以上消費し且つ2年間使い続けてくれるお客様向けの割引だ!

筆者:なるほど、ということは、新規で3799元からこれ、1243元を引いた金額で今日買えるのね?
店員:いいえ、お客さん〜それは違う。

筆者:はあ?(゜o゜)(*^^*)
店員:お客さんが2年使っていただいたことが確認できた時点でキャリアショップより1243元をお返しする!

なるほど、安く買うにはなかなか難しい…と思ってキャリアショップ後にすると、

目の前にあるHUAWEIの体験コーナーに人だかり。
Nova6の2倍以上の金額になっているMate30 Pro5Gが人気のようで、触ってみようと思ったが、目の前にいる若奥様が「漂亮、不錯、(ピョウリャン、ブッゥア、きれい、素晴らしい)!」と絶賛しながらご主人とのツーショットを次から次へと撮影していくら待っても戻す気配一向しなかったので、やむを得ず断念!

どのぐらいピョウリャン、ブッゥアだったのか、待っておけば良かったと今さら後悔している。
ローエンドよりもハイエンドの方が中国で売れるような気がしてならない。

上から2枚目は、新規加入+2年間契約プラン加入+端末購入+インターネット回線契約でいきなり3700元サービスという宣伝ポスター。

〜以 上〜

以下、雑感です。

デパートを出たら、華為の体験HOUSEまであった。
写真好きにはとても楽しい。
楽しかった(⌒▽⌒)
楽しいから人が集まる、なんですよね!
綺麗に撮れるのが嫌いな人はいませんよね!
説明など何もなかったが、
「ここまで綺麗な写真とれる、楽しめ!」というメッセージだったかもしれない。
この手の宣伝はとてもうまいんです。

また見に行きたいと思います〜
コロナが落ち着いたら… …

上記画像・動画は2019年12月21日、中国北京市西単大悦城デパート内と周辺にて筆者撮影。

5G端末が2020年に殺到!

手機設計大会公式アカウントによると、2020年1〜3月までの間中国国内にて市場に出た5G端末が43件に上り、2019年間5G端末数を超え、市場全端末数の48.3%を占める。1〜3月、国内5G端末市場の出荷量は1406万部、前年度年間出荷量超過、携帯市場全体出荷量の28.7%を占め、月平均成長率4.38%であり、携帯端末全体の月平均成長率よりも2.9%高くなっている。こから、5G端末への買い換えがハイスピードで進んでいることを垣間見ることができるという記事が5月6日に掲載されている。

 中国では携帯電話端末に関するコンテストがここ8年間続いてきたイベントがあり、「2020年第8回中国携帯電話デザインコンテスト白鳥賞」がまもなく選考開始に当たり、中国ソフトウェア審査センター副主任、全国信用基準委員会工業インターネットAPP標準工作グループ副班長の楊春立氏が通信産業網の記者の取材に応じた。楊氏は、「2020年5G携帯電話消費市場の供給と需要共に盛んであり、5Gサービスそのものの応用場面が増えると共に、顧客からのニーズも高まっている。5G端末の普及もいっそう進むことになる。」と語った。

 

文章・画像共以下より抜粋引用:
手機設計大会:
https://mp.weixin.qq.com/s/F8zAcpfcc42AokaF0pbBhg
画像:
https://mp.weixin.qq.com/s?__biz=MzAwMjY5MDQyNQ==&mid=2651823593&idx=1&sn=a54e144e27bb0a4da53dcbe3adf4b5d0&chksm=813da1ffb64a28e9d366c90b193b570827820f8730eb700874f827fad82fb473cda561de556c&scene=21#wechat_redirect