中国5G利用者数:2020年3月末

 4月23日、工業情報部情報通信発展司司長聞庫が国務院新聞記者会見にて5G利用者数を公表した。2020年3月末の中国全国範囲内の5G基地局が19.8万基を設置済み、5G料金プランのユーザーが5000万に達し、そのうち5G端末経由で5Gネットワークに接続できたのは2000万という。今年は5Gネットワークの構築を早め、年間構築数は50万を超える見込み。

文章・画像共に以下より抜粋引用
Sina財経:http://finance.sina.com.cn/china/gncj/2020-04-23/doc-iirczymi7950056.shtml
中国経済日報公式アカウント:https://baijiahao.baidu.com/s?id=1664769679142089865&wfr=spider&for=pc

疫病が好転、防疫対策に功を奏した中国新科学「黒科学技術」の数々

中国側のコロナ治療にて大活躍したBlack TechnologyについてSina科学技術が以下をまとめた。


図1Aiヘルメット
図25G温度測定&巡回用ロボット
図3武漢火神山病院消毒ロボット
図4物質(医薬品、生活物質)配達ドローン
図5高層ビル内人員体温測定ドローン
図6健康QRバーコード

https://tech.sina.com.cn/e/2020-03-30/doc-iimxyqwa3637216.shtmlより抜粋引用

文章・画像共以下より抜粋引用:
Sina科技:https://tech.sina.com.cn/e/2020-03-30/doc-iimxyqwa3637216.shtml

5Gネットワーク構築の加速指示

 科技日報(科学技術日報)によると、3月24日中国工業情報産業部が『関与推動5G加快発展的通知(5Gの発展を加速する通達)』を公布した。計18項ある施策にて5G新型基礎施設(インフラ)の規模と牽引役割を確保する目的である。

 同通知では、電信企業が5G(SA:Stand Alone)ネットワークを目標としつつ、非独立型ネットワーク(NSA:Non-StandAlone)の規模を抑える施策の支持や、地方政府による5Gネットワーク建設用地や設備の各地国土空間計画への検討、5Gミリ波周波数帯域使用計画の適時発表などについて初めて言及した。

 通知では、電信企業が料金プランによるキャンペーンや事業者負担による端末割引等で5Gユーザーの消費を促進し、消費者の5Gへの早期切り替えを促すよう施策を奨励するとも示している。5G新ユーザーの増加は携帯電話市場の成長に繋がる。

 中国電信(China Telecom)の予測では2020年5Gユーザーが6000〜8000万になる。中国情報通信研究院の試算では、2020年〜2025年、5G商業規模が8億RMB超の新興消費をもたらすという。

文章・画像共以下より抜粋引用:
https://mp.weixin.qq.com/s/0a0TmlFQv0aj_GNRkFThLg

中国移動5Gユーザー1500万突破

 3月20日、中国移動が2月度運営データを公表した。中国移動移動ユーザーが9.42億、前月より725.4万マイナス。4Gユーザーが7.45億、5Gユーザーが1539.9万。

文章・画像共以下より抜粋引用
中国通信産業網:https://mp.weixin.qq.com/s/3Lu8YUBXmlXNvqr3KEz5mQ