中国ローカル5Gネットワークの構築に関する7つの案

 中国のローカル5Gについて、2つの議論がある。専用の周波数を政府が割り当てる。もう一つは通信事業者の通信網と結合した形での構築。この2つについて業界にて7つの提案がある。

1:完全に独立したローカルネットワーク

2:事業者がサポートするものの独立したネットワーク

3:事業者通信網間とRANシェア

4:事業者通信網間とRAN・コントロールシェア

5:事業者通信網間と全部シェア

6:N3 LBO Local Break-out

7:F1 LBO

文章・画像が以下より抜粋引用:
2月19日 http://www.cww.net.cn/article?id=465599
4月28日 https://mp.weixin.qq.com/s/Kcr9mAB2RjnhfNxj-A5rxg

中国聯通初MECネットワーク発表会

4月29日、中国聯通MECネットワーク発表会がオンラインにて行われた。華為、Intel、テンセント、ZTE、浪潮(Inspur)、碧桂園(カントリー・ガーデン)、GREE等の主要パートナーと共に『5GMECクラウドプラットフォーム及び商用実践白書』も同時に発表した。

以下より抜粋引用:
http://www.cnii.com.cn/rmydb/202004/t20200429_173270.html

中国インターネット利用者が9億突破

4月28日、中国インターネット情報センター(CNNIC)が『第45回中国インターネット発展状況統計報告』を発表。当報告によると、2020年3月末、中国インターネット利用者が9.04億に達し、インターネット普及率は64.5%、うち携帯によるインターネットの割合が99.3%である。

以下より抜粋引用:
http://www.cnii.com.cn/rmydb/202004/t20200429_172995.html

「拼多多」が旅行Live「曇遊中国」スタート(クラウドで中国を旅する)!

わずか創業4年で中国で月間利用者が4億弱あるEC会社、「拼多多(ピンドゥオドゥオ)」は、地方を中心に低価額を売りにしている共同購入可能なプラットフォーム。中国人民郵電報によると、 拼多多が湖南省の芙蓉鎮にて旅行ライブをスタートしている。芙蓉鎮は87年に中国で公開された映画『芙蓉鎮』のロケ地であり、古くから少数民族が多く居住している。

拼多多は、中国国内名勝地をめぐり、クラウドを通じてリアルタイム配信によって在宅で旅行を楽しめるサービスを提供。消費者は拼多多にログインし、支払いを済ませた上で鑑賞でき、現地のお土産も購入可能。4月26日当日、35万人がこれを利用した。拼多多ユーザー向けに1元入場券やサービス券も発行されたという。

責任者によると、旅行ライブで消費者に芙蓉鎮の今をリアルタイムに配信でき、多くの旅行者が来訪し、伝統的旅行資源のアピールにもなり、旅行産業のデジタル化を大幅に進めれる。同時に、ECカンパニとして「旅行ライブ+現地物産購入」モデルも構築可能、地場産業の発展とコロナ後期の経済活性化にもつながるという。

文章・画像共に以下から抜粋引用
https://www.cnii.com.cn/rmydb/202004/t20200427_172536.html

中国「新基建」の定義

2020年4月20日、国家発展改革委員会はオンライン記者会見にて発表。新型基礎施設は3つの内容を含むとした。1は情報インフラ整備、5GやIoT等がある。2は融合インフラ、BigDataやAI等がある。3はイノベーションインフラ、技術開発等が含まれる。

文章・画像は以下より引用:
中国通信産業網:
https://mp.weixin.qq.com/s/lvhUldjvfff06jIUDhF92w

5Gがついに世界最高峰エベレストに登場!

中国移動(China Mobile)が人民郵電日報との連携で世界最峰エベレストにて4月22日より5G+4K+VRライブを実証実験を行っている。

文章・画像共以下より抜粋引用:
https://mp.weixin.qq.com/s/R9fSi2XmY-QvfeDYsGElfQ

中国初ローカル5Gが広東にて登場

广东联通携手格力、华为建成国内首个智能制造领域5G专网

 4月16日、中国聯通SinaWeibo公式サイトによると、広東聯通がGREE電気、華為との連携で珠海(Zhuhai)GREE電気本部にて「5G+IoT」ローカル5Gプロジェクトを進めた。中国初のMECクラウド+AI製造業の5G SAネットワークを構築し、ローカル5G技術のAI製造業への初めての応用を実現した。

文章・画像は以下、中国中国聯通SinaWeibo公式サイトより抜粋引用
https://card.weibo.com/article/m/show/id/2309404494391929602409?wb_client=1&object_id=1022%3A2309404494391929602409&extparam=lmid–4494391932605332&luicode=10000011&lfid=231522type%3D1%26t%3D10%26q%3D%235G专网%23

5G JAPAN: KDDI和软银组建合资公司!

KDDI与软银携手组建合资公司,5G JAPAN。2019年7月达成协议,资本金为5亿日元,两家各持股50%。两家公司于2019年7月宣布,共同推进地方5G网络的建设。这次,5G JAPAN作为负责5G基站的工程设计和实施管理的新公司,推进了相互利用两者资产的基础设施共享。

据悉,2019年7月达成协议后,两家公司进行了基础设施共享的实验。虽然没有明确具体的结果,比如成本能削减多少,或者工期的短期效果等,但是确认了可以相互利用现有设备等优点,从而成立了新公司。

新公司是面向所谓地方区域展开的早期整备的存在,不过,两个公司的区域填补中占哪个程度还没有明确。但是,合资公司亲自动手的设备正式的商业服务预计将在2020年下半年以后。

文章图片均来自以下引用链接
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1244444.html
http://www.ccidcom.com/yunying/20200402/HTNxH9XZPaAFuEpYY17dfi70frzuc.html