中国「東北5Gの光」ー大連その2

古い工業基地としての大連市

中国の重要な古い工業基地として、大連には多くの象徴的なスマートメーカーがある。最も代表的なものは、大連中遠海運川崎船舶工程有限公司( DACKS、川崎重工が中国遠洋海運集団有限公司(COSCOCSグループ)と中国遼寧省大連市にて共同運営)と大連氷山集団有限公司。大連移動は2社にて5G基地局を建設し、スマート製造の5Gネットワ​​ークを構築した。

大連中遠海運川崎船舶工程有限公司( DACKS)


DACKS主な事業は、船舶の設計、製造、販売、修理などで典型的な工業生産現場、数百トン規模の船舶を製造可能。 大連氷山集団はスマート小売機から医療用冷凍庫まで様々な温度と規模の冷凍措置の製造を行っている。

造船所に足を踏み入れた瞬間、目の前に転がる大型船の数々に驚いた。煩雑な工程の生産ラインと工場内設備の設定から造船工程の複雑さが体験できた。図面を見る作業一つでさえ、大変な困難を伴う。

スタッフによると、造船場が5Gを導入する前は設計図はすべて二次元のプラットフォーム図であったため、複雑な造船工程でミス操作率が高かった。今、5G + 3D艤装の視覚化された操作を実現した。設計システムの中で2D図面を3D図面を簡単に生成できたため、オペレーターがすばやく見つけてより早く組み立てれるようになった。

組み立て現場にて船体の3D図面が目の前に表示され、船体内部にいるワーカーとオンラインした状態での作業が行われていた。上図の図面には大小200ほどのパイプもあり、パイプの設置位置、パイプ詳細情報などがわかりやすく記載され、ワーカー達がより素早くパイプ関連情報を見つけれるようになっていた。

造船場にはガントリークレーン設備が高くそびえ立っていた。ガントリークレーンは移動装置であるが、4G時代ではガントリークレーンがセクターから外に移動すると情報の送受信ができなくなる。5G時代になって、クレーンのデータソースのオープン化が可能になり、リアルタイムのデータ管理の幅が増えた。これまで単一のクレーンの動作データを元にローカルモニタリングしていたところから進化し、造船場内の複数クレーン機器の集中制御と管理が可能になった。制御システムの誤差は現時点で約10ミリ秒であるが、将来的にはさらに減少する見込みだと、現地スタップがいう。

大連氷山集団有限公司では、
1.5G ARを利用した遠隔指導
2.5Gプラットフォームによる管理
3.5Gによる危険物遠隔管理
が行われている。

大連氷山集団の技術者が5Gネットワークによって稼働している回転カメラ・ARを起動し、現場ワーカーの視線の画像スキャンと画像データを共有していた。このアプリケーションは5Gの低遅延特性を十分に生かして大量な画像データの送受信によって現場とのコミュニケーションを円滑にできた。専門家による現場指導、現場メンテナンス指導及びオンライン教育も可能にした。

現状として、技術の専門家によるAR遠隔指導を日常化し、現場にいながら本部からの指導を受けながら全ての作業を完成可能。人員教育と本部・現場間の人員移動による時間・経費のコスト削減につながっている。

一部ラインにて製品化した気体ボンベが特別な域内にて管理している関係で、人による管理には危険が伴う。5Gネットワーク構築後、高画質カメラなどによるリアルタイム管理を実施しているという。

工業インターネットが5G最初の商用アプリケーションとして、政府、業界、および利用者などによって推進され、
今や、社会現場にて実装可能なビジネスモデルが確立しつつあることは否めない!

文章・画像の引用先:
https://mp.weixin.qq.com/s/DKb58dAeI7P5r1BWTIgrZA

中国「東北5Gの光」ー大連その1

基地局設置の工夫

5Gの普及に直接影響する基地局の設置に反対する声が度々報道されている。
特に人口密集地に必要不可欠だが輻射などの噂もある関係で住宅区の設置が難航する事が多々ある。

この問題について、大連の中国移動社は市管理部門と協議し、街灯や信号柱、交通指示看板などの市設置施設を有効利用している。

棒形基地局の設置状況

左図にある外灯柱は高さ27メートル、2.6GHz、5G信号のカバレッジが半径400〜500メートル。このような棒形一体型基地局の建設コストとチャーター費用は年間で10数万から数10万とばらつきがある。
目下、大連市ではこのような棒形一体型基地局は60基ほど設置済み、うち40基が既に稼働している。

中山路付近の5G通信速度

大連市中心である中山路付近全長6キロの距離にて、5G基地局36基整備されている。5Gカバレッジは99.99%に上る。実際の測定によると、ピークレート時は1.51Gbps、ダウンロードは全て1Gbps以上であった。

中国移動社最初の50試運転都市としての大連市5G

大連市は中国移動最初の50試運転都市の一つに選ばれ、これまで13.5億元投資した。市全体で3120基の5G基地局を建設済み。市内にてNSA /SAネットワークを構築し、市・県地域にて連続的なエリア整備を実現している。

離島地域でのオンライン教育実験

大連市には離島している県がある。
「長海県」は東北唯一の海島辺境県であり、トータル195の島からなる地域(うち住民島15)である。地理的位置の原因で交通も不便のため、高校教師が不足している。島外教師との交流も移動や天気に影響されやすい問題。
互助連携校である大連市第36中学と長海県両校にて5G基地局を設置、関連設備も整備した上でオンライン授業を共有する「空中教室」プロジェクトが大連移動社によって勧められている。

そこで記者が実際「空中教室」を体験したのが右下にある画像。現時点では教員会議などの交流に用いられ、生徒による参加は次の段階になるという。教員会議ではスムーズな通信が確認できた。

文章・画像の引用先:
https://mp.weixin.qq.com/s/DKb58dAeI7P5r1BWTIgrZA

中国移動が世界最大の「5G+北斗高精度測位」システム発表

10月22日、中国移動が江蘇省蘇州市にて「5G新型インフラ・スマート自動運転サミット」を主催し、世界最大の「5G+北斗高精度測位」システムを発表したと共に、国家5G新型インフラ車道協同プロジェクトも起動した。

オフィシャルな紹介によると、「5G +高精度測位」システムは5Gネットワ​​ークを通じてサブメートル・センチメートル・ミリメートルレベルの高精度測位サービスをリアルタイムで提供する。フルタイムでの精確な時空間サービスシステムを構築する。車両管理、車両と道路の調整、自動運転、自動駐車等その他の交通分野にて応用し、デジタル社会の発展を後押する。

今回の蘇州5G IoV(カーインターネット)*都市級の検証と応用は、中国移動と蘇州市政府協同で起動した国家最初の長江デルタ地域唯一の5G新型インフラ車道協同プロジェクトとなる。

これにより、国内初の都市級5G IoVアプリケーションが構築され、5Gスマートネットワーク道路224.75キロメートルに拡充した。数百万規模のデバイス或いは数千万相当のデータを同時にサポートできるようになる。20万以上の接続で150以上の利用シーンを実現できる。

同時に、中国移動は5つの実装可能な応用アプリケーション「5Gスマートインターネットモンストレーションゾーン」、「スマート高速」、「オートテスト」、「スマート公共バス」と「インターネット無人車」のアプリケーションシナリオもリリースした。

サミットでは、中国移動の湖北子会社・四川子会社・内モンゴル子会社がそれぞれ東風汽車集団、四川交投集団、内モンゴル白雲鄂博鉱山と5G自動運転協力協定を締結した。中国移動江蘇子会社・福建子会社・吉林子会社がそれぞれ蘇州新基科技、厦門交通、啓明信息などの主要顧客と5G自動運転モデル基地の共同建設について合意した。

IoV:「Internet of Things(IoT)」を自動車分野に特化した 「Internet of Vehicles」(IoV)。

文章・画像の引用先:
人民郵電日報公式アカウント
https://mp.weixin.qq.com/s/2nMcrvH2Fnoe8C9QaqFnQw

5G、IC、生物医学等の主要分野が「第14回5カ年」国家専項規画に盛り込まれる方向が濃厚?

http://www.miit.gov.cn/n1146295/n1146592/n3917132/n4545264/c8134343/content.html
http://www.miit.gov.cn/n1146295/n1146592/n3917132/n4545264/c8134343/content.html

10月26日公布の工業情報化部発「政協十三回全国委員会第3回会議第2524号(公交郵電類第240号)提案への回答」にて5Gについて下記のように示されている。

「工業情報化部が5G、IC、生物医学等の主要分野を「第14回5カ年」国家専項規画に盛り込む方向で積極的に検討している。核心的なテクノロジーの飛躍的進歩をリードし、重要な科学技術プロジェクト・製造業高品質発展プロジェクト等に依存し、コアとなる核心的技術と製品研究を強化する。技術分野での国際協力も強化し、「ボトルネック」問題を有効に解決する。現代化した経済システムの構築と、経済性の高い発展にも強力なサポートを提供する。」

文章・画像の引用先:
工業情報化部
http://www.miit.gov.cn/n1146295/n1146592/n3917132/n4545264/c8134343/content.html
市商網
https://www.otcbeta.com/kx/669c636fe8a9369cdbf5ff42c8a1d589.html

中国移動が吉利汽車(Geely)と5Gスマートカーについて協力協定を締結

10月26日本日、中国移動がと吉利汽車(Geely)(浙江吉利控股集団有限公司、ジーリーホールディンググループ、Zheijiang Geely Group Holding Co., Ltd.)が北京市にて協力協定を締結した。

調印式には、中国移動CEO楊傑氏と吉利控股集団CEO李書福氏が出席し、中国移動副総経理趙大春氏と、吉利CEOの徐志豪氏が双方代表として協定に署名した。

協議によると、当事者双方は「相互利益、利点補完、強力提携、共同発展」の原則に基づき、5G自動車スマートインターネット、自動運転、モビリティ、低軌道衛星通信、スマートシティ及び工業インターネット、ホームインターネット、ビッグデータ、人工知能、シェアリング、基本業務などの分野にて緊密な協力関係を深める。

今回の協定締結で資源、技術及び市場における両方相互の優勢を補完しあうことによって、5Gスマートカーとスマートトラベル分野における通信事業者の応用事例を共同制作し、世界スマートトラベルの新体験を創出し、 Win-Winな発展を図るとしている。

文章・画像の引用先:
新浪財経
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1681606008589832173&wfr=spider&for=pc
人民郵電報
https://mp.weixin.qq.com/s/BhXoGLZTaRQEjp1nWuRYag

デジタル通貨はモバイル決済に取って代わるものではない!

デジタル人民元APP内のデジタル人民元の画像

デジタル人民元使ってみた感想

一連のデジタル人民元の実証実験において、広東省深セン市のが空前の規模となっている。深セン市とあるスーパーの管理者が「全店舗にてデジタル人民元の操作について教育しており、接客に向けて十分な準備をして来店をお待ちしている」という。

18日21時05分、ピーピーという機械音と共に、深セン市民の李さんが羅湖区にあるスーパーにて彼女のデジタル人民元ウォレットの最後の59元を使い切った。「使い切った瞬間、勿体ない気もした」と李さんが記者にこう語った。デジタル人民元を使って、コンビニにて飲み物を買い、本屋さんで本を買い、スーパーでおやつも買った… …計画的使ってきたのは、デジタル人民元を使うシーンをより多く体験してみたかったからだ。デジタル人民元ウォレットを開く度に周りからも注目されるのが面白いそうだという。

スーパーで支払いと返品、返金の両方を体験したが、AlipayとWeChat payとはほぼ変わらない。

18日、深セン市民趙全海がガソリンスタンドにてデジタル人民元ウォレットの200元を一回で使った。「使わないと期限が切れるから、何と言っても体験してみないと」。彼によると「スキャンして支払うのはWeChat pay、Alipayとあまり変わらない。違うのはネット環境に制限されない、銀行カードと連携してない点。こっちの方がスムーズで素早くできた」

デジタル人民元はいつから?

現在、デジタル人民元はまだテストフェーズにあり、正式な起動時期がまだ未定。

中国社科院国家金融発展実験室副主任楊濤氏によると、より多くの応用シーンにて如何にしてよりスムーズに支払いを済ませるのか、もう一つ将来的にネットからのリスク回避も含めての今回の実証実験だったので、応用実験でもある。

これまでの3つ「推測」は「誤読」だったことも証明された!

正確には、

デジタル通貨はブロックチェーンではない!

デジタル人民元の強制使用はない!

デジタル通貨はサードパーティ的なモバイル決済に取って代わるものではない!

文章・画像の引用先:
中国経済網公式アカウント
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1681327215333770047&wfr=spider&for=pc

中国電信が中国家電最大手の美的(Midea)と戦略的協力協定を!

10月22日本日、中国電信が中国家電最大手の美的(Midea)と戦略的協力協定に署名した。

協定合意によると、当事者双方はスマートホームと5Gスマート製造分野にて協力し、それぞれの優越な利点を最大限に活用し、共同でスマートホーム市場を拡大し、5G工業インターネットの開発をリードする 。将来的にはプロジェクト、製品、流通チャネル等様々な分野で強力なパートナシップを発揮していく発表している。

文章・画像の引用先:
https://mp.weixin.qq.com/s/P1HiIPick5iWkiRFYhQoRA

中国5G始動からまる1年、今こそ点検!

昨日に続き、邬贺铨院士が2020年10月15日のIMT2020(5G)サミット5Gイノベーションフォーラムにて講演された「5G商業化1周年の点検」について時間をかけて整理してみた。

5G商業化して1周年、卓越した成果と共に問題の所在も直視せざるを得ない!
1)技術の未熟さ
2)高価なコスト
3)転化しにくいコスト

中国5Gについて一番熟知している中国の科学家による中立的・客観的な観点である!?

5G通信技術の成熟度は移動通信産業の発展ルールにマッチしている

移動通信は基本的に10年で1世代、各世代スタートした最初の何年間は進化していく過程となる。各世代期間内にて多くのバージョンアップ・グレードアップがあり、技術は次第に成熟化していくが、商業化当初は未熟であることが明らかである。特に5Gの場合その傾向が顕著である。

1Gの時は、中国は世界より少なとも6年間遅れた。2Gは3年間、3Gは6年間、4Gは3年間ほど出遅れてきた。5Gはようやく同期されている。よって、過去数年間は我が国は基本的に先進国より数年遅れての商業化に、基本的には海外製品を使用してきた。3G以降、一部の中国国産ブランドが出回り、4G以降大幅な改善が見られた。総じて言えば、これまでは我々には海外派が先行していたゆえに、我々には試行錯誤のリスクが少なかった。先進国に遅れたからだ。これによって、我々は市場での優位性を失ったばかりでなく、特許利用料などによる製品コストの上昇という代価を支払わざるを得なかった。サプライチェーンやバリューチェーンでの主導権も失った。

5Gの効率は4Gより遥かに優れている

5Gが使用する周波数帯域が高く基地局の密度が高い。
今の4Gカバレッジレベルまで引き上げるには、4G基地局の2〜3倍の5G基地局が必要、さらに基地局あたりのエネルギー消費量も4Gの2〜3倍となるというふうに計算すると、5G基地局の総エネルギー消費量は4Gの4〜9倍になる可能性があるとのこと。

しかし、実際5G基地局にはマクロ基地局(ステーション)とマイクロ基地局があり、5Gマクロステーションは4G基地局に等しく、5Gマイクロステーションはもっと細かくなる。それでも、4Gマイクロステーションの3倍にはならない。もう一つ、WiFi設置可能な場所ではWiFiを利用することによって、室内用基地局の設置を省ける。トータル的に言うと、5Gのエネルギー消費量は4Gのエネルギー消費量よりは多いが、本当に4〜9倍高いかどうかは定かではない。

5G投資回収は実は4Gに匹敵!

招商証券の予測によると、5G基地局などのインフラストラクチャ建設への総投資額は1,650億米ドル、4Gは既に1,100億米ドルを費やした。言い換えればつまり、5G基地局への投資は4Gより50%多い。我が国の4G建設は2013年から現在まで7年ある。現在、4G利用者が全ユーザーの80%。5Gが今日の4Gの規模になるには、8年或いはさらにかかると推定されている。 ということは、5Gの年間投資規模から見ても想像するほど大きくないことが言える。

文章・画像の引用先:
中国情報産業網http://www.cnii.com.cn/xxtx/202010/t20201017_223571.html
騰迅網https://new.qq.com/rain/a/20201017a07a1900
人民郵電報https://baijiahao.baidu.com/s?id=1680793619348214038&wfr=spider&for=pc

10月15日までの中国5Gの最新データ!

https://baijiahao.baidu.com/s?id=1680793619348214038&wfr=spider&for=pc

2020年10月15日、IMT2020(5G)サミット5Gイノベーションフォーラムにて邬贺铨院士が中国5Gの最新データを発表した。

「今、この時点で中国の5G基地局が60万基達成、5Gへの接続数は1.5億、いずれも世界トップである。」と明らかにした。

文章・画像の引用先:
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1680793619348214038&wfr=spider&for=pc

中国電信・中国移動が2020年貧困撲滅賞受賞

2020年10月17日は第7回目の中国貧困撲滅の日。
当日、国務院貧困撲滅グループは、2020年全国貧困撲滅表彰大会を開催した。中国電信貧困撲滅弁公室(オフィス)と中国移動貧困撲滅弁公室が2020年全国貧困撲滅賞と組織革新賞を受賞した。

中国電信の「4+2」貧困撲滅プロジェクトは2020年5月で全員貧困脱出した。当社弁公室は全国の省クラスの子会社を通じて、1400を超える貧困村を支援した。2016年以降貧困撲滅に積極的に取り組み、約4000名の幹部を現場に投入し、累計寄付支援資金が9億元強。村政府への光ファイバーや4Gネットワークの100%カバレッジなどにて貢献した。

中国移動は「1 + 3 + X」の「ネットワーク+貧困緩和モデル」に基づき、指定された13の県にて100万人以上の貧困人口の貧困撲滅に貢献した。全社1200人強の党支部が1000の貧困村と直接扶助した形をとった。累計投入資金が 1000億元強。

燕山ー太行山区貧困人口全員貧困脱出できた!

工業情報化部2020年燕山ー太行山区貧困撲滅ビデオ会議開催

北京科学大学学報(社会科学版)雑誌より引用
https://www.zz-news.com/com/bjkjdxxbshkxb/news/itemid-1385128.html

2020年10月16日、工業情報化部が2020年燕山ー太行山区貧困撲滅ビデオ会議を開催し、燕太地域は貧困撲滅において目覚ましい成果を上げており、33の貧困県の貧困人口全員貧困脱出できたと発表した。

当該地区の貧困撲滅は国家級レベルとなっており、執行政策の制定にあたっては国務院・発改委が担っている。

文章・画像の引用先:
https://mp.weixin.qq.com/s/b83sDrVukwwb5HOj5DUhdg
http://www.miit.gov.cn/n973401/n6394828/n6424913/c8121169/content.html
https://www.zz-news.com/com/bjkjdxxbshkxb/news/itemid-1385128.html