5Gネットワーク構築の加速指示

 科技日報(科学技術日報)によると、3月24日中国工業情報産業部が『関与推動5G加快発展的通知(5Gの発展を加速する通達)』を公布した。計18項ある施策にて5G新型基礎施設(インフラ)の規模と牽引役割を確保する目的である。

 同通知では、電信企業が5G(SA:Stand Alone)ネットワークを目標としつつ、非独立型ネットワーク(NSA:Non-StandAlone)の規模を抑える施策の支持や、地方政府による5Gネットワーク建設用地や設備の各地国土空間計画への検討、5Gミリ波周波数帯域使用計画の適時発表などについて初めて言及した。

 通知では、電信企業が料金プランによるキャンペーンや事業者負担による端末割引等で5Gユーザーの消費を促進し、消費者の5Gへの早期切り替えを促すよう施策を奨励するとも示している。5G新ユーザーの増加は携帯電話市場の成長に繋がる。

 中国電信(China Telecom)の予測では2020年5Gユーザーが6000〜8000万になる。中国情報通信研究院の試算では、2020年〜2025年、5G商業規模が8億RMB超の新興消費をもたらすという。

文章・画像共以下より抜粋引用:
https://mp.weixin.qq.com/s/0a0TmlFQv0aj_GNRkFThLg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です