中国広州市が5G奨励政策発表、最高奨励金3年連続で各年5000万元(約7億5千万円)

6月24日午後、中国広州市第15回第112期市政執行会議にて「広州5G産業発展をより加速するための若干方策」を承認した。一連の具体的な支援策を通じて広州市5Gの開発をさらに加速し、優れた発展環境を構築し、5Gと実体経済の深い融合を促進するとした。

方策では、通信事業者、製造業、主要企業・本社、個人(5G技術開発人材)まで実に多方面に渡った具体的な施策を盛り込んでいる。

通信事業者への奨励:基地局1基当たり最大30万円

2019年に広州市行政区域内にて構築された5G基地局に対し、総投資の30%以内、基地局1基当たり最高で3000元(約4.5万円)奨励する。直接電力供給型5G基地局に対して、総投資額の30%以内で、1基当たり最大2万元(約30万円)の奨励金を交付する。

製造業5Gソリューションへ最大7500万円

製造企業生産ラインの5Gアプリケーションの導入について、生産エリアにて5Gネットワークの連続的なカバレッジを達成し、3つ以上の5Gアプリケーションを稼働させ、且つ明確な5Gアプリケーション開発計画がある場合、固定資産投資額30%以内、500万元(7500万円)までの補助金を交付する。

垂直産業へ最大1億5千万円

5G垂直産業アプリケーションのデモを支持する。企業によるデモンストレーションアプリケーションの応用を奨励し、毎年、模範となるプロジェクトを選出し、総投資の30%以内、最大1000万元(1億5000万円)の助成金を付与する。

主要企業へ最大1億5千万円

主要企業での5G導入を支持する。
登録資本金2000万元以上で5Gを導入した企業には、企業の導入をサポートします。登録資本金の5%相当、最大1000万元(1億5000万)の一時助成金を支給する。

本社企業は3年連続で各年最大7億5000万円

年間収益が1億元(15億円)以上、且つ関連条件をクリアする5G関連企業の申請を受け、それを本社企業として承認することができる。新たに導入された5G関連の本社企業は、承認年から3年連続で各年500万元(7500万円)、1000万元(1億5000万円)、2000万元(3億円)、5000万元(7億5000万円)のランクにて奨励金を受け取れる。

個人(5G技術開発人材)へ最大7500万円

5G人材育成も支持する。
業界リードする優秀な人材支持政策として、5Gコアデバイス、キーマテリアル、伝送ネットワーク、スマートターミナル及び5Gアプリケーション分野にて卓越した業績を挙げた人で評議会を経た人材に対して、500万元(7500万円)、100万元(1500万円)、50万元(750万円)の一時手当を支給する。

企業内で上級職に就いている5G業界のハイエンド産業人材については、前年度の貢献度によって最大一人当たり150万元(2250万円)の手当を付与する。

文章・画像は以下より引用:
http://www.gz.gov.cn/gzszfcwhy/2020ngzszfcwhy/cwhy/2020n/6y/15j112ccwhy/xgbd/content/post_6431449.html

ノキアが台湾大哥大(Taiwan Mobile)5G契約を独占獲得

6月29日本日、ノキアが台湾大哥大(TWM,Taiwan Mobile)の5Gネットワ​​ーク契約を独占獲得したと発表した。

3年間の契約で約4億ユーロの受注額になる。受注内容は5G RAN(アクセスネットワーク、Radio Access Networks)、5G コアネットワーク(Core Networks)及び5G IMSその他の設備機器まで含まれる。

今月より5G NSA(Non-StandAlone)非スタンドアローンネットワークから敷設し始め、3年以内で5G SA(Stand Alone)スタンドアローンネットワークへとグレードアップしていく。

ノキアは台湾大哥大の長期的なパートナーとして、これまで2G、3Gと4G関連設備を提供してきた。今後持続可能な発展とデジタルトランスフォーメーションに焦点を当てた「スーパー5G戦略」の推進について、台湾大哥大社を支援するとした。

Nokia社プレスリリース:https://www.nokia.com/about-us/news/releases/2020/06/29/nokia-wins-exclusive-taiwan-mobile-5g-deal/

WiFi6と5G、どっちが速い?

中国では5Gを代表役とした新型インフラ(New Infrastructure、新基建)の建設を推し進める中、AI、工業インターネットやBigdataも5Gに融合した戦略を掲げている。WiFi6もそのうちの一つになる可能性が出てきた。

中国で2019年は5G 元年と言われているが、同じ昨年からWiFi6も注目を浴びてきた。WiFi6は第6世代の無線技術、無線LAN標準のIEEE802.11axであり、
2019年9月16日に正式にリリースされていた。

これまではIEEE 802.11 a/b/g/n/acがあり、IEEE 802.11 n/acと比較してWiFi6(IEEE802.11ax)はレート上更に高くなり(理論上では最高で9.6Gps、伝送レートは1.2Gb / s)並行して送信できるため、作業効率が向上し、待ち時間が短縮される。カバレッジも拡張されていて、屋内から屋外への応用も可能ということでスマートパークやスマートシティへの将来的な実用が見込まれている。

WiFi6の技術的進歩による通信速度の向上

WiFi6には以下2つの技術を登用しているため、WiFi5の1.4倍、WiFi4の8倍まで実現とされている。
1.マルチユーザー伝送技術MU-MIMO(Multi-Multiple Input Multiple Outputマルチユーザー多入力多出力)とOFDMA(直交波周波数分割多重)登用。
2. BBS-Coloring。 「BSSカラーリング」は機器同士のチャネル干渉による影響を最小限にし干渉制御を前提として、より多くのユーザーが多くのWifi容量を享受できる。

WiFi 6と5G、どっちが速いのか?

現時点でWiFi 6は理論上9.6Gb / sまで通信可能。これは5G の 10Gb / sとさほど変わらないが、このレートを達成するにはWiFi 6は8つのアンテナを並列した通信が必要となる。しかし、現在市販のスマートフォンには通常2つのアンテナしか内蔵されていないため、WiFi 6のピークレートは最大で2.4Gb / sにしか達せない。よって、この観点から見ると5G には利点がある。

ただし、5G は2.4Ghz以上の極超高周波を使用する。周波数が高いほど、壁を貫通する能力が低下するため、屋内ではWiFi 6が強い。

WiFi6の普及と料金について

WiFi6は、携帯電話やその他の機器企業にとって、調達コストが今なお高価のままになっている。これ以上コストが増加するとユーザーにとって利点がほとんどなくなるため、WiFi6チップの普及速度が低下する可能性もあり、 WiFi6の普及は2023年になると業界で予測している。
また、WiFi6はブロードバンド料金を使用しているのに対して、5G パケット料金を使用するので、料金に関する面も考慮する必要がある。

5Gが屋外、WiFi6が屋内というのが今後の主流!?

地下鉄内や駅、バス停のような利用者が集中する場所では5G+WiFi6の補完が有力とされ、既に応用事例が出ている。3月6日に深セン市で中国国内で最初の5G + WIFI6補完通信が深セン市地下鉄会社が華為と中国聯通が提携し、完成した。

華為社連動コミュニティサイト:
https://forum.huawei.com/enterprise/zh/thread-606508.html
Wi-Fi技術講座(日本語):
https://www.wlan-business.org/archives/23683
https://www.wlan-business.org/archives/25022
中国電信Wechat公式アカウント:
https://mp.weixin.qq.com/s/rdH7NFFY6_KOJE9zbt2nQQ

公衆Wifiは決して無料ではない!5G時代になってからの行方は?

中国の公衆Wifi(日本では公衆無線LAN)について調べてみたが、なかなか面白い。使用範囲、使用主体、信号源と使用費用別で図2のように分類できる。

                図1 公衆Wifiのサプライヤーチェーン
                  図2 中国Wifiの分類
        図3 公衆Wifiの種類

公衆Wifiには事業者、企業、商業とスマートシティを掲げる(都市)Wifiがある。公衆Wifiといっても無料と有料があり、基本的に無料に利用可能なのは商業Wifiと都市Wifiのみ。商業Wifiでもっとも多いのが飲食店やショッピングモール、ホテル、レジャー施設等。都市Wifiは政府が指定した特定な域内や大学がキャンパス内にて提供しているものが多い。
一方、企業向けWifiは当然有料。三大通信事業者も事業者Wifiを提供しているが、利用時間で料金を徴収している。

この中で一番発展しているのは商業Wifi。業種別で見ると飲食関係はトータルの
33.6%、ショッピングモールは38.5%、レジャー施設は11.2%、ホテルは5%をそれぞれ占め、残りの10.7%はその他となっている。商業Wifiの収入構成を見ると、60.3%は公告、ハードウェアによる収入は23.4%、コンテンツは16.3%。

図1のような公衆Wifiの勢力図が2015年以降から2017年頃まで急速に伸びたものの、2018年以降はほぼ横ばいしている印象を受ける。その原因はたくさんあるが、携帯電話のパケット代の降下による影響が考えられる。図4が示している通り、2018年には1G当たりのパケット代がつい8.5元(127円)に降下し、有料のWifiよりも携帯電話を直接利用することが多くなったと考えられる。実際のところ、2019年末インターネットへのアクセスのうち、99.5%以上が携帯電話によるものであった。

                図4 パケット料金の推移/1GB当たり(元)

        図5 政府無料Wifiアクセスポイント

図6 公共Bus内の5GWifi

今後この状況がさらに変化すると考えられる。
何故なら5Gサービスが昨年11月1日よりスタートし、遠隔医療や高速通信、AIとビッグデータを融合した利活用がCOVID-19にて功を奏して以来、中国政府は今年2月以降5Gをリード役としたニューインフラストラクチャ(新基建)を次第に加速してきている。各産業のデジタルトランスフォーメーションを図ったローカル5Gを全国にて幅広く推し進めながら「政府無料Wifiホットスポット」や、5Gの高速化通信を宣伝する体験スポットも急速に増加した。移動中のニーズに応える公共バス内での5GWifiも登場してきているなどの状況から見ると、5G通信エリアの拡大と通信料金の更なる低廉化によって、中国の新しい情報通信インフラの整備が確実に進んでいると言って良さそう。公衆Wifiの形も5Gの浸透によって変わっていくだろう。

図1・2・3は各種調査資料を元に筆者加工。
図4・5は下記URLより引用。
参考サイト:
https://www.sohu.com/a/114620032_115981
https://wenku.baidu.com/view/bbc223296fdb6f1aff00bed5b9f3f90f77c64d7a.html
2020年中国互联网发展趋势报告
http://pdf.dfcfw.com/pdf/H3_AP202004081377750375_1.pdf
https://mp.weixin.qq.com/s/1ioranbn9crkqh02DP6OWg
http://baijiahao.baidu.com/s?id=1631253547149722196&wfr=spider&for=pc

中国5G周波数と「4」大通信事業者

このサイトでよく「三大通信事業者」と書いているが、実は現在中国では4つの通信事業者が存在し、中国移動、中国電信、中国聯通と中国広電がある。
正式には、中国移動通信集団有限公司、中国電信集団有限公司、中国聯合網絡通信集団有限公司と中国広播電視網絡有限公司。

中国広播電視網絡有限公司(中国広電)は放送行政を担う国家広播電視総局(広電総局)傘下のブロードバンドサービスを運営する中国広播電視(ラジオ・テレビ)網絡有限公司は、他の3社と一緒に昨年6月6日に5Gライセンスの交付を受けていた。5G事業について今年の5月20日中国移動と中国広電が5Gの共同連携を発表し、現在全国ケーブルテレビネットワーク統合の促進及びラジオ・テレビと5Gネットワークの一体化運営を図り、今年中にサービス開始予定という。

そんな中国5Gの4大通信事業者への周波数割り当てについてまとめた。
2018年には3大通信事業者のみ発表していたが、4つ目の中国広電にも100MHz割り当てられ、3300MHzから3400MHzは事業者間共通の室内専用帯域としている点が興味深い。

画像1・2は以下関連報道より筆者加工。
http://www.xinhuanet.com/tech/2018-12/09/c_1123827603.htm
https://t.cj.sina.com.cn/articles/view/6375433705/17c0165e901900tvkf

「6.18 5Gプロモーション」!中国定番の6·18商戦、通信事業者も派手に仲間入り!

6・18 商戦が近づき、中国の通信事業者も早速各種販促キャンペーンを打ち出している。[6・18商戦とは京東商城(https://www.jd.com/index.html)の成立記念日にちなんだ中国電商の夏季の大セール、ダブル11と共に全国民が総動員するほどのECモール大セール。当初それぞれ京東と天猫によるものだったのが今はほぼすべてのECサイトにて行われるようになってきている]

より多くの人に5Gサービスを利用してもらうには、ネットワークの整備、端末、通信料金の3つから努力する必要がある。特に通信料金と端末価格が、5Gユーザーの増加に最も影響しやすい2大要素。5月9日付の『電気通信料金の告知制度』の廃止の交付に伴い、通信料金に関する通信事業者としての自由決定権がさらに大きくなり、通信会社による販促が今年の「6.18 5Gプロモーション」の主役になっている。

販促その1:「5G料金プランが約8ヶ月で大幅値下げ」

6月8日以降、キャリアショップ等にて大胆に宣伝してきた。三大通信事業者を比較すると、最も割引率が高いのは中国移動、次は中国聯通、中国電信。

販促その2:地域会社主体の「6.18 5Gプロモーション」

【筆者注】中国の通信事業者はこれまでの改革と地方分権により、省レベルの子公司と市レベルの分公司があり、それぞれの地域にて中国移動、中国聯通と中国電信の子公司と分公司間での競争が繰り広げられている状況になっている。

そのため、今回の「6.18 5Gプロモーション」も地域会社が主体であり、販促の手法も実に活気に満ち溢れ、実に多種多様!北京聯通、上海電信と重慶移動の3社をここに紹介する。

北京聯通はWeibo公式アカウントとTikTok

北京聯通は5月末からWeibo公式サイトにてTikTokによる「6月16日」のくじ引き販促イベントを発表。景品は200元、400元の京東商城商品券など。

上海電信旗艦店Tmallは「6.18理想ライフカーニバルシーズン」

「全国にて利用可能なパケットし放題」、「一人分支払いで家族全員共有」などの「パーフェクト料金プラン」が注目。

重慶移動は1億元相当キャンペーン、一人当たり最大2020元の5Gクーポンをゲット可能!

重慶移動は6月10日から9月30日まで、重慶市民が重慶移動APP、重慶移動Wechat公式アカウントのいずれかを登録し、ログインした人に最高で2020元の5Gクーポンをゲット可能。このクーポンはHuawei、Xiaomi、OPPO、その他のブランドの携帯電話や、スピーカー、ルーター、テレビなどのスマートホーム製品の購入のみでなく、主流のビデオWebサイトメンバーなどのインターネットメンバーの権利も享受できる。5G料金パッケージと通話料金への充当も可能。

上記のほか、携帯電話端末メーカーも多くのセールを出している。

文章・画像は以下より抜粋引用:
通信産業網https://mp.weixin.qq.com/s/qqBolgayi9tTutzei3aILw
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1668664033405061604&wfr=spider&for=pc
京東商城https://www.jd.com/index.html
天猫https://www.tmall.com
重慶中国移動分公司Wechat公式アカウント等

中国広州市で世界初の地下鉄Local5Gが構築できた!

5月28日、ZTE(中興)と広州移動(中国移動の広州移動地方会社)が広州塔地下鉄駅にて世界初の5G SA無線PRB(Physical Recourse Block)ハードスライシングソリューションを導入した。

このソリューションには、5G端末、5G基地局、ベアラおよび5Gコアネットワークまで含まれ、エンドtoエンドまでの5G地下鉄スライシングネットワークであり、地下鉄分野における世界初のLocal5Gスライシング技術の応用を可能にした。

広州塔地下鉄駅は、中国移動と広州地下鉄の共同提携の5Gスマート地下鉄駅であり、5GベースのAR+顔識別認証機能、安全検査機、セキュリティカメラとセキュリティドアを使用して4K超高精細カメラを設置済み。

広州メトロに導入された同無線PRBハードスライシングは、5G SA環境下での業界初のアプリケーション。 QoS(Quality of Service)に基づくワイヤレススライスに比較して、無線PRBリソースのスライスは、専用のワイヤレススペクトルリソースと同様にハード分離を提供し、柔軟なPRBリソースの排他及び共有機能もサポートできる。広州メトロは、PRBリソースの一定の割合を保留にし、地下鉄Local5Gネットワークの最小と最大帯域幅を確保しつつ、広州メトロLocal5Gネットワークに必要な分離と確実性を保証できる。

本プロジェクトは、広州移動とZTE及び広州市20社以上のベンチマーク企業と関連行政の提携によるもので4月下旬より起動していた。発表後も広州移動、ZTE、広州メトロが引き続き協力し、地下鉄業界におけるローカル5Gネットワークを継続的に運営する。広州メトロの日常運用と管理の効率を高め、広州市をネットワーク、アプリケーション、生態学的にもリーダーシップを備えた「5Gパイロット都市」へと建設していく。

文章・画像が以下より抜粋引用:
https://www.zte.com.cn/china/about/news/20200602C1.html
https://www.ithome.com/0/490/517.htm
http://finance.sina.com.cn/stock/relnews/cn/2020-06-03/doc-iirczymk5050647.shtml
https://mp.weixin.qq.com/s/oWwIn72eKEINsTxTMhPDCg

北京市5Gユーザー数は313万人!

昨日6月11日、北京市経済情報局が他行政部門共同で「北京市新基建加速行動方案」記者会見を開き、『北京市新基建建設加速行動計画(2020-2022)』」について詳細に説明した後、北京通信管理局王副局長が5Gについて発言した。

現時点北京市にて累計2万1086の5G基地局を建設し、その91%が既存の基地局より拡張した。 北京5Gユーザー数は313万人に達し、三大通信事業者による製造、運送、物流、文化的商取引、教育、医療等の産業との直接協力プロジェクトは1000以上あり、国内で主導的な地位にある。

今年、北京は新たに1万3000の5G基地局を建設する。年末までには、市内の5G基地局総数は3万以上に達し、第五環状道路以内室外シームレスの5G通信、第五環状道路以外の重点区域、典型場所のカバーを実現すると言及した。

筆者コメント:
文頭にある、現時点の中国移動社北京市5G基地局カバー図は同社の提供によるもの。市全体と天安門付近をそれぞれ確認できるが、実際、どの程度シームレス通信ができているのかは検証する必要がある。

文章・画像は以下より抜粋引用:
https://www.bjd.com.cn/a/202006/11/WS5ee1dab1e4b00aba04d2137a.html
http://www.beijing.gov.cn/zhengce/zcjd/tjxz/202006/t20200610_1922052.html

5G携帯電話の出荷量は全体の46.3%に!

中国工業情報化部直轄の情報通信研究院は2020年5月国内5G携帯電話出荷データを公表した。

2020年5月、国内携帯電話の総出荷は3375.9万台、昨年同時比11.8%減。うち、5G端末の出荷量は1564.3万台で全体の46.3%、16モデルが発売され、同時期の端末発売機種数の50%を占めている。1月から5月までの国内市場5G携帯電話の累計出荷は4608.4万台、累計81モデル。

中国国産携帯電話出荷量は3097万部、同期比11.4%減、同期携帯電話出荷量の91.7%を占める。29モデル発売し、同期比21.6%減、同期携帯電話発売機種の90.6%を占めている。1月から5月までの国産ブランド携帯電話端末が累計1.12億台、同期比19.9%減、同期携帯電話出荷量の90.0%。152モデルが発売、同期比17.4%減、同時期携帯電話発売機種の89.9%を占めている。

文章・画像が以下より抜粋引用:
http://www.caict.ac.cn/kxyj/qwfb/qwsj/202006/t20200609_284027.htm
http://www.caict.ac.cn/kxyj/qwfb/qwsj/202006/P020200609570726694505.pdf

100元(約1500円)ベースからの5G料金プランが約8ヶ月で大幅値下げ

先週から一部の人からキャリアよりの販促電話を受け取り、近いうちにキャンペーンがあるとの噂があった。本日早朝、北京新京報記者が5G料金プランの最新情報をアップした。

新京報記者が三大キャリア北京地区営業ショップにて確認したところ、中国移動の割引率が最も大きく、中国聯通と共に100元をきっている。

中国移動社のキャンペーン

中国移動社のスタッフが提示した情報では、元58元以下の料金プランを利用しているユーザーが24カ月間継続契約をすると、88元で定価128元の5Gプラン(30GB、200分間通話)を利用可能。割引は実に30%以下。しかし、これらのキャンペーンはいずれも一年から二年までの継続契約という制限がある。

6月8日、海淀区某中国移動キャリアショップにて当該記者が実際確認した。元々60元プランだったため、58元以下という条件をクリアしていないため、このキャンペーンで利用可能なのは158元のランクを108元、或いは198元のを138元などの選択肢がなるという。割引率が25%OFFになる。

中国聯通社のキャンペーン

中国聯通のスタッフはいくつかの料金を前払いし、1〜2年間継続利用を契約しておくと5G料金キャンペーンを利用可能になり、もと129元のプランが90元、159元のが111元になる。

中国電信社のキャンペーン

中国電信は元最安価の129元の5G料金プランが2年間契約で103元になる。

ほかに、どのキャリアショップのスタッフもさまざまな端末購入キャンペーンを勧めているが、中国電信の場合、月199元の5G料金プランをチョイスした場合、ショウミ(小米Xiaomi)の最新5G端末Redmi 10Xを元値の1599元をなんと159元にて購入可能という。

文章・画像以下より抜粋引用:
http://www.bjnews.com.cn/finance/2020/06/10/736604.html