中国のIoT産業分布

中国智研コンサルティング社の「中国 IoT市場分析」によると、2019年末IoT関連産業でスマートシティの規模が最も大きく、全体の31%ほどを占めている調査結果になっている。続いて工業用IoT、スマートホーム、IoVの順であり、それぞれ20%、18%、16%。

調査の範囲、地域、対象などによってこの結果の一般性が変わってくるが、このスマートシティには、公共エリアや交通と行政関連のサービスも含まれると考えられる。

文章・画像の引用先:
https://www.chyxx.com/research/201703/507187.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です