2021年中国C-V2X応用実験計画

IMTー2020(5G)推進チームとCーV2X業務チームがCAICT等部門と連携し、北京市、合肥市、武漢市と広西チワン族自治区に位置する柳州市の4箇所にて合計4期にわたる大規模なIoV用CーV2Xの実験を予定しているという。

http://www.cww.net.cn/article?from=timeline&id=487136&isappinstalled=0

5月29日、北京市にて1CーV2X車載端末(OBU)と試験場内のRSUを利用して交差点内にて大規模な実証実験を行った。

第一期となる今回の北京市の実証実験では、車両の停止状態・走行状態、道路の渋滞・非渋滞、道路の遮蔽・非遮蔽などそれぞれの状態にてテストを行い、実験結果の検証も行なったという。7月には合肥市、9月には武漢市、11月には柳州市にて継続的に展開していく予定だそうだ。

引用:
http://www.cww.net.cn/article?from=timeline&id=487136&isappinstalled=0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です