中国移動社が大型ドローンで洪水被災地での通信復旧実現

中国河南省で暴雨が発生し、一部災害地の通信設備が甚大な被害を受け、停電による通信中断になってしまった。その報告を受け、中国移動社が「翼龍」(Yilong)ドローンを派遣し、7月20日から7月22日間に河南省巩義市米河鎮と鄭州市中牟県埠外華中心血管病院の通信復旧を行なった。


ー「翼龍」ドローン米河鎮出動編ー

米河鎮出動Timeline

7月20日、被災地の報告を受け、即座にドローンの飛行に関する各種準備に取り掛かり、一刻も早く対応できるように人員調整を対応に急いだ。

7月21日、応急管理部の指示の下「中国移動翼龍ドローン応急通信システム」が起動、14:22時に貴州省安順より河南省巩義市へと向かう。

7月21日18:21時、ドローンが河南省巩義市米河鎮上空に到着、通信復旧作業開始。

7月21日23:00時頃、米河鎮住民が下記のSMSを受信。

SMS内容:
米河鎮の皆さん、暴雨により通信中断しましたため、応急管理部が翼龍ドローンを緊急に派遣し、鎮上空に滞在し、中国移動社公衆網通信を一時的に復旧しました。しかし、翼龍ドローン滞在時間の制限があり、公衆網通信の復旧時間は5時間のみとなります。家族親類友人への安否報告などを速やかに行うことをお勧めします。無事をお祈りしています!

続編へ

引用:
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1705952822393242950&wfr=spider&for=pc
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1706088305984514928&wfr=spider&for=pc
https://mobile.zol.com.cn/773/7730885_all.html
https://new.qq.com/rain/a/20210722A01ELL00
https://mp.weixin.qq.com/s/8UC6fqqj5-14EKdXLamytw
https://mp.weixin.qq.com/s/UfOXXL-Gu90zefV8x0ntBQ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です