中国移動社が大型ドローンで洪水被災地での通信復旧実現<続編>

ー「埠外華中心血管病院」出動編ー

中国河南省で暴雨が発生し、一部災害地の通信設備が甚大な被害を受け、停電による通信中断になってしまった。その報告を受け、中国移動社が「翼龍」(Yilong)ドローンを派遣し、7月20日から7月22日間に河南省巩義市米河鎮と鄭州市中牟県埠外華中心血管病院の通信復旧を行なった。
今回はその続編となる。

2021年7月22日 河南省鄭州市中牟県埠外華中心血管病院の様子

ー「翼龍」ドローン「埠外華中心血管病院」出動編ー

埠外華中心血管病院出動Timeline

7月22日河南省鄭州市中牟県埠外華中心血管病院の状況:
水深2メートル、
病院内断水停電通信信号無し、
患者1000人患者家族1000人医療従事者800人強計2800人が暴雨に閉じ込められ、
2800人強全員1日1夜寝食無し、
飲料水、食料、発電設備等の緊急物資を必要としている。

7月22日13:36時、応急管理部による救援要請を受け、工業情報化部(MIIT)の指示を受け、翼龍ドローンが貴州省安順空港より再度離陸。

7月22日18:00時、4時間半の飛行で河南省鄭州市中牟県埠外華中心血管病院上空に到着、通信復旧作業開始し、救援救助に必要な通信ネットワークを提供。

ー「翼龍」ドローン出動による通信保障任務ー

今回の「翼龍」ドローンの2回にわたる出動はいずれも著しい成果を収めたという。
米河鎮出動では7月21日23:03時に被災地中国移動利用者が通信復旧のSMSが確認できてから、同23:20時までの20分弱で延べ3572人分の通話のほか、2089.89Mのデータ通信量を接続できた。うち、648人の同時接続を実現し、累計2704の端末よりの通信を接続可能にし、7月22日早朝6:00時に任務完了した後に無事帰還した。

埠外華中心血管病院出動では、7月22日18:00時に河南省鄭州市中牟県埠外華中心血管病院上空に到着し、病院の応急物質や人員救助のための通信手段を担った。

「翼龍」応急救済型ドローンシステムは、中国航空工業が応急管理部向けに通信網復旧、応急物資投下対応可能に構築したものである。範囲指定で50平方キロ範囲内の公衆移動通信網・専有移動通信網を復旧可能、1万5000平方キロに及ぶ音声・ムービの送受信を実現可能である。今回、地上の給電や通信設備を一切使用せず応急管理部と被災地の通信機能の一時的な復旧に成功した。「翼龍」ドローンには中国移動社の基地局を搭載し、4Gと5G技術と衛星通信システムを利用したという。

引用:
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1705952822393242950&wfr=spider&for=pc
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1706088305984514928&wfr=spider&for=pc
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1705962622113220219&wfr=spider&for=pc
https://mobile.zol.com.cn/773/7730885_all.html
https://new.qq.com/rain/a/20210722A01ELL00
https://mp.weixin.qq.com/s/8UC6fqqj5-14EKdXLamytw
https://mp.weixin.qq.com/s/UfOXXL-Gu90zefV8x0ntBQ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です