中国IMT-2030(6G)推進チームが2021年6Gセミナーを開催

https://mp.weixin.qq.com/s/NFkGxtFMPc3mGgJxFEfVjQ

9月16日、2021年6Gセミナーが北京市西苑飯店で開催した。IMT-2030(6G)推進チーム主催、CAICTと中国通信学会が共催で行われ、6Gビジョンとイノベーションが焦点となった。

開幕式では工業情報化部総工程技師の韓夏氏が6Gの2030年の商業化に向けて3点が重要と発言した。一つ、5Gの商用で6Gの発展ベースを固める。二つ、イノベーション。6Gの潜在的なコア技術の研究を推進する。三つは、オープン型のWinwin関係。世界の6G発展環境づくりを目指す。世界6G推進組織、関連企業、教育期間と研究施設との交流関係を強化し、世界共通の6G標準を統一する。

CAICT副院長王志勤氏がIMT-2030(6G)推進チームの推進内容と6Gへの基本的な考え方を発表した後、EUと韓国などの専門家が各国の6G関連推進状況を紹介した。

引用:
https://www.miit.gov.cn/xwdt/gxdt/ldhd/art/2021/art_a27653df29e64e57aeb0d68f438fac47.html
https://mp.weixin.qq.com/s/6ato0gONOY5koA2xYrbiag

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です